泣きたい私は猫をかぶるは常滑市?常滑焼や観光スポットもご紹介!

芸能

こんにちは!

6/18にNetflixにて公開される映画「泣きたい私は猫をかぶる」が今話題になっています!

『ペンギン・ハイウェイ』のスタジオコロリドによる第2弾の長編アニメーション映画なんです!

アニメの風景が忠実に描かれていて、地元の方は「もしかして?」なんて気づく事が多いそうです。
予告だけ見ていても、情緒あって素敵な場所なんですよね!
気になったのでどこを舞台にしているのか調べてみました!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

泣きたい私は猫をかぶるは常滑市?

予告に出てくる映像ですぐに特定出来ました!

舞台は愛知県知多半島常滑(とこなめ)市!

ここは愛知県西部にある市で、知多半島西岸の真ん中あたりですね。

セントレアで有名な町!

伊勢湾に面していて、ここには国際線も就航していて有名なセントレア(中部国際空港)があります。

2005年に開港してからこの周辺の交通整備がされ、だいぶ便利になりました。

一方、南部はいまだに公共交通機関は路線バスしか通っていないそうです。

窯業が伝統として残っていて、常滑焼や日本でも有名な焼き物のうちの一つで、一番歴史が古いのだとか。

常滑の由来は?

「常」は「床」(地盤)を指し、「滑」は「滑らか」という意味なんだそうです。

昔からここの土地は粘土っ気の強かったので、そこから「常滑」とついたようです。

“床”の字が“常”に変わったところも面白いと言うか、気になります。

泣きたい私は猫をかぶるの舞台は常滑市のどこ?

やきもの散歩道

映画の予告にも出てくるのが「やきもの散歩道」!
やきもの散歩道は、愛知県知多半島の常滑市にある人気の観光名所です!

立ち並ぶレンガ造りの煙突や窯や黒い塀の工場、使われなくなった陶器を利用して作られたという坂道は映画そのままで、情緒たっぷりですね♪

とこにゃん

こちらも人気観光名所です!

主人公がつけているお面とそっくりなんです!

でも実物は高さ3.8m、幅6.3mもある超巨大招き猫ちゃんなんですよ!

とこなめのみまもり猫ちゃんなので、略して“とこにゃん”なんだそうです♪

Twitter / ?

登り窯

こちらはやきもの散歩道にある「登り窯」。

1887年(明治20年)頃に作られ、1974年(昭和49年)まで使用使われていました。

日本では最大級なんだそうです。

今でも近くを通ると、なぜか甘い匂いが漂っているんだそうです!

行ってみたい(^^)

常滑焼きの急須

こちらも予告で登場する急須が、常滑焼のものだったのでご紹介します。
磯部商店さんという地元で有名なお店です。

泣きたい私は猫をかぶるは常滑市についてのまとめ

いかがでしたか?

ぜひ一度は観光してみたくなりますよね♪

映画公開後はきっと人気も急上昇する気がします!

のんびり歴史と伝統の残る素敵な町でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
芸能
土佐好き主婦をフォローする
芋とチョコ好き主婦がゆく

コメント

タイトルとURLをコピーしました